EN
Talkboxとは? 音色 奏法 Talkboxの種類 カスタム ストーリー BBS ホーム

ストーリー   >   GF WORKS   >   Sholo Truth   >   柿崎洋一郎   >   mo'cheez   >   Olli   >   Goh Hotoda   >   Woddy Funk   >   J3PO   >   Coming Soon...

>>

誰もが最初は発音できない

発音のポイントとしては濁点とサ行に注意して、アタックだけ地声を混ぜるとかね。言葉によって聞き取り易い言葉と聞き取りにくい言葉があるんで、ベイビーなんて誰にでもできますよね。やはりカ行が一番難しいですね。カリフォルニアラブのネイティブ発音はキャリフォルニアだからいいけど、そのままカタカナ読みのカリフォルニアだと難しいですよね。喉にホースを突っ込めば一番楽なんですけどね。笑

ツアーで色んな人がやらせてって来るんですけど、海外の人ももちろん発音できなくてね。どうやってやるのっていつも聞かれます。ロジャーの場合、コーラスを重ねたり、生の声で重ねたりして、よりはっきり聴こえる様に構成されていてうまいですよね。それと、口の中の形で人それぞれ音が微妙に変わるんです。話し声に多少似るっていうか、僕の場合だとちょっとモコッとした声なんで、トーキングモジュレータの音もモコッとしがちなんです。


ソロアルバムのDog Soul K

トーキングモジュレータがメインのアルバムは予定がないんですけど、現在3つバンドを組んでいてファンク色の強い曲でソロの所だけトーキングモジュレータを入れたりしてます。あとライブではトーキングモジュレータをよく持って行きますね。トーキングモジュレータってロジャーの色が強いし、どういう曲を作ったら良いか悩むんですよね。ロジャーみたいなことをやりたいけれど、ただのコピーじゃつまんないし、真似じゃつまんないしね。言葉を発音しようとするとロジャーの音になっちゃうから、曲調とかをひねってね。

ソロアルバムのDog Soul Kは、トーキングモジュレータのアルバムとしてではなく、僕個人のソロアルバムを作って欲しいとオファーがあって制作したアルバムなんです。その頃は、曲のストックがなくてスタジオに入って作る感じだったので、もう少し時間かけて作りたかったんですけどね。でも僕だからトレードマークのトーキングモジュレータを入れておかなきゃと思ってね。笑

ソロアルバムのDog Soul K

マンハッタントランスファーがジャズの曲をコーラスでやっているのを聴いて、あんな感じをやりたいないと思って、トーキングモジュレータを5声入れたのがGET SET GO!なんです。演奏は、半分以上は生演奏で一流から中堅までをゲストに迎えてレコーディングしました。ボーカルは元々R&BのボーカリストだったオルケスタデラルスのNORAさん、日本に住んでるベーシストだけどコーラスのお仕事をしてたりするグリニスさん、久保田さんと一緒に仕事をしたAmazonsさん達による豪華メンバーです。

現在の音楽制作システム

ずっと制作にはSteinbergのNuendoを使っています。シンセサイザーに関してはソフトとハードが半々ですが、やはりシーケンシャルサーキットのProphet 5とMoogは外せないですね。最近は、Pro Toolsのデータを送って来るクライアントが多いのでPro Toolsと、ホームスタジオの環境をそのままスタジオへ持って行けるのでMacBook Proを導入したんです。でもメインはNuendoですね。なんせ慣れちゃってるんでね。笑 僕は、マルチのテレコ世代なんですけど、ニューヨークで久保田さんのレコーディングをシンクラビアで行ったり機材は色々使ってきました。もちろん、Audio Mediaで波形編集もやっていましたしね。アナログからデジタルになった時に音質の是非はあったんですけど、あのパンチイン/パンチアウトは画期的でした。今の人は色んな意味でとても恵まれていますね。


GF WORKS.JPをまめにチェック

GF WORKS.JPは良く見ていますよ。ロジャーがどの様なドライバを使っているのかは、あまり興味がなかったのですが良くこんなに調べあげましたね。とても参考になってますよ。GF WORKS監修1823M Complete Bundleも使っていますが音量も出るしMaxonにキャラクターも似ていて良いですね。チューブも固くなく柔らかくもなく丁度いい感じでレコーディングでも使っていますよ。

microKORGとGF WORKS監修1823M Complete Bundle


柿崎洋一郎について:
日本のトークボクサーの第一人者と呼ばれるプロデューサー、アレンジャー、作曲家、ピアニスト兼キーボード・プレイヤー。来生たかおのサポートミ・ュージシャンとしてキャリアをスタートし久保田利伸の「MOTHER EARTH」に加入。CHEMISTRY、小柳ゆき、平井堅、上戸彩、Sowelu、米倉利紀、石井竜也、椎名純平、西脇唯、20th Century、KinKi Kidsなどのアレンジ/プロデュース・ワーク以外にも、平井堅、山崎まさよし、スガシカオ、田原俊彦、中山美穂、清水美恵などのレコーディングにミュージシャンとして参加。最近では、東方神起やKREVAのキーボーディストとしてツアーにも参加。
公式ブログ blogs.yahoo.co.jp/dogsoul_k
CD購入 talkbox.jp
写真:柿崎洋一郎

>>
Copyright 1998-2017 GF WORKS. All Rights Reserved. このサイトに掲載されている情報、内容、写真、ロゴ、イラスト、デザイン、オーディオデータ等全てのコンテンツは著作権により保護されています。著作権は GF WORKSまたは撮影者/制作者/提供者に帰属しており、許可なく引用、複製、編集、翻訳、転用、出版、販売などの二次利用することを禁じます。このサイトの管理者であるGF WORKSへのお問い合わせはこちらのフォーム(Talkboxに関する疑問/質問等はGF WORKS | Talkbox Forumへ)からお願い致します。